☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年11月07日

「いつまでもあると思うな子と健康」

若者の安定した雇用状況が継続していないという厚生労働省の労働調査結果が伝えられている。派遣労働や期間雇用で若者の収入は不安定である。親からすると、「いつまでもあると思うな親と金」と言いたいが、子の反論として「いつまでもあると思うな子と健康」だという。
定年退職後のイメージに重なる。子というものは離れていくし、高齢になれば健康不安もある。子に自立してほしいということはもちろん、親も最後まで自立した老後を目指したい。介護や医療を受けることもあるだろうが、夫婦二人暮らし、あるいは一人暮らしが多くなることも予想される。積極的二人暮らし、積極的一人暮らしと呼ぶことにした。自分でやれることはやれるようにしないといけない。男子なら「厨房にはいるべきである」暮らしのなかで、食生活の比重は高い。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「いつまでもあると思うな子と健康」
    コメント(0)