☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年12月03日

「今朝の三枚おろし」

武田鉄矢のトーク番組。ラジオ番組は自ら聞くようなことはなかった。休日、雨降りで家で過ごしていたら、職場の友人から電話が入った。月~金曜日の朝、文化放送でこの番組をやっているので、是非聞いてほしいというのである。数学者、岡潔の『春宵十話』をもとに、トークをやっているという。彼は、私が岡潔に惹かれていることを覚えていてくれたのである。
 「今朝の三枚おろし」というのは、どんな番組なのかと、インターネットで検索して見ると、以外にも長寿番組で、二十年近く放送されている。音声が収録されていて、たまたま『史記』を題材にしたものだった。「陳勝、呉広の乱」。司馬遼太郎の『項羽と劉邦』で読んだことがある。もちろん出典は、司馬遷の『史記』である。
 切り口と語りが小気味よい。中国を統一した始皇帝は、国を法律で治めようとした。しかもあまりにも厳格にしたために、民衆には鬱屈した気分が蔓延していた。その気分を爆発させたのが「陳勝、呉広の乱」であった。期日までに目的地に着かないことは、リーダーである陳勝は、その罪により斬首されると決まっている。言い訳は、聞き入れられない。それならば、決起しようと考えた。呉広が呼応し、民衆も蜂起し、最初1000人も満たない反乱軍が10万人近くなった。小さなデモも政権を揺るがすことがある。一党独裁の今の中国にも同じ可能性があるという指摘である。
 さて、岡潔の『春宵十話』は、どのような切り口で語られるのであろうか。火曜と水曜の朝聞いた。金八先生だから、子供の教育に関心が向く。「人づくり」などというのは傲慢である「人は大自然が作る」。正確には「造化が人を作る」。造化とは、大自然の善意のことである。木曜、金曜の放送が楽しみである。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「今朝の三枚おろし」
    コメント(0)