☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年12月05日

『春宵十話』 岡潔著 毎日新聞社

『春宵十話』 岡潔著 毎日新聞社


初版は、1963年である。今は、光文社から文庫本が出版されているが、この本を昭和50年代手に入れようとするのは大変だった。想像するに、購入した人は、世に言う「座右の書」にした可能性がある。古本として書店に出す人が少なく、この当時には絶版になっていたと思う。人の書いた本を「聖書」というのもおかしいが、『春宵十話』は何度も読み返し、人生の羅針盤にしてきた正に「座右の書」である。
 岡潔が、数学研究の功績で文化勲章を受賞した数年後、毎日新聞の記者が口述筆記として世に出した。当時は、小学生で岡潔の存在すら知らない。岡潔は、この時62歳で、今の自分の歳と同じである。文化放送の武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」という番組でこの本が紹介されたのに刺激を受けて、書いてみようと思った。決して書評などというものではなく、感慨のようなもので、「私の中の岡潔」という内容である。この本に出会ってから長いので数回に分けて書いてみたい。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石俳句集」より
「子規句集」より(葡萄・辞世の句)
「子規句集」より(涼し)
「子規句集」より(雪)
「子規句集」より(霜)
「子規句集」より(土筆)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(ほとぎす) (2020-02-22 08:50)
 「漱石句集」より(東風) (2020-02-21 09:33)
 「漱石句集」より(子規) (2020-02-20 09:34)
 「漱石俳句集」より (2020-02-19 09:02)
 「子規句集」より(葡萄・辞世の句) (2020-02-18 09:34)
 「子規句集」より(秋) (2020-02-17 09:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『春宵十話』 岡潔著 毎日新聞社
    コメント(0)