☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年12月09日

『春宵十話』(4) 岡潔著 毎日新聞社

『春宵十話』の中に、「日本的情緒」という項目がある。その中に、善行のできる人を紹介している。岡潔の三高時代の友人で松原と言う人がいたが、試験日を間違い単位不足で卒業証書がもらえなかった。追試験をできるように、友人達が嘆願したが、本人は、意に介せず郷里に帰ってしまった。そのとき、彼の残した言葉は、「自分はこの講義はみな聞いた。(ノートにみなうずめたという意味である)これで試験の準備もちゃんとすませた。自分のなすべきことはもう残っていない。学校の規則がどうなっていようと、自分の関しないことだ」というものである。
そして、岡潔は、
「このくにの人たちは、社会の下積みになることを少しも意としないのである。つとめてそうしているのではなく、そういうものには全く無関心だから、自然にそうなるのである」と言っている。岡潔は、自分の名誉のために、有名になるために数学の研究をしたのではなく、菫が菫のように咲いただけだと人生を振り返っている。
さらに、「今の教育は、個人の幸福が目標になっている」とも言い、戦後民主主義の中で「国民の一人一人が取り去り兼ねて困っているこの本能に、基本的人権とやらを与えようというのですか」とも言う。権利ばかりを要求することは、教育の目標になってはいけない。道義が必要だとも。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石俳句集」より
「子規句集」より(葡萄・辞世の句)
「子規句集」より(涼し)
「子規句集」より(雪)
「子規句集」より(霜)
「子規句集」より(土筆)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(ほとぎす) (2020-02-22 08:50)
 「漱石句集」より(東風) (2020-02-21 09:33)
 「漱石句集」より(子規) (2020-02-20 09:34)
 「漱石俳句集」より (2020-02-19 09:02)
 「子規句集」より(葡萄・辞世の句) (2020-02-18 09:34)
 「子規句集」より(秋) (2020-02-17 09:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『春宵十話』(4) 岡潔著 毎日新聞社
    コメント(0)