☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年12月24日

『昭和の遺書』 梯久美子著 文春新書 730円+税

『昭和の遺書』 梯久美子著 文春新書 730円+税

『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』の著者である。2006年の作品だが、取材力と核心をついた、しかも爽やかな筆の運びに、将来有望な作家になるだろうという予感がした。次の作品が待ちどうしいとも思った。現在、日経新聞に「愛の顛末」というコラムを担当していて愛読している。人物に関心を寄せたエッセイになっている。『昭和の遺書』も同じ視点と言えるだろう。
芥川龍之介(昭和2年)に始まり、昭和天皇で終わっている。55人の魂の記録である。終戦前後までは、軍事関係者が多い。時代背景を考えれば当然ともいえる。2・26事件の首謀者の一人として処刑された、北一輝は、実子がなく養子の息子に法華経の教えを守るようにだけ遺言した。北は、佐渡の生まれだった。日蓮の配流された土地である。また、処刑の際の態度は、冷静だった。銃殺のとき「坐るのですか、これは結構ですね。耶蘇や佐倉宗吾のように立っているのはいけませんね」と超然としていた。天皇陛下万歳を唱えましょうかと弟子の西田税に言われて「それはやめましょう」とあくまで冷めていた。東京裁判で文官としてただ一人絞首刑になった広田弘毅は他のA級戦犯で死罪になった軍人が「天皇陛下万歳」を唱えた時、「そうですか、漫才やりましたか」と言ったという話を連想した。広田弘毅も55人の一人だが、遺言はない。カタカナだけの手紙である。宛名は「シズコドノ」である。妻は、広田の処刑の前に命を断っている。
もう一例揚げると、これまた軍人だが最後の海軍大将となった井上成美である。昭和50年に86歳で亡くなったが、終戦後は、隠棲するように横須賀の海の見える質素な家で過ごした。二つの遺書がある。昭和8年のものと晩年のものだが、共通してあっさりしたものである。簡潔といえば、それまでだが心情は一切述べていない。このあたりのことは阿川弘之の本に詳しい。
昭和という時代が終わって四半世紀の時が流れた。戦後の昭和しか体感していないが、いろいろなことがあって、いろいろの人が生きたのだと改めて昭和という時代を見つめ直すことができた。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石俳句集」より
「子規句集」より(葡萄・辞世の句)
「子規句集」より(涼し)
「子規句集」より(雪)
「子規句集」より(霜)
「子規句集」より(土筆)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(ほとぎす) (2020-02-22 08:50)
 「漱石句集」より(東風) (2020-02-21 09:33)
 「漱石句集」より(子規) (2020-02-20 09:34)
 「漱石俳句集」より (2020-02-19 09:02)
 「子規句集」より(葡萄・辞世の句) (2020-02-18 09:34)
 「子規句集」より(秋) (2020-02-17 09:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『昭和の遺書』 梯久美子著 文春新書 730円+税
    コメント(0)