☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年01月09日

『吉田松陰留魂録』(全訳注)古川薫著 講談社学術文庫 886円

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の放映が始まった。吉田松陰が登場する。ドラマでは、まだ刑場の露と消えたわけではないが、処刑の前に松下村塾の弟子たちに残した遺書というべき記録が『留魂録』である。その内容は、読んでいないのでわからないが、そこに記された歌には次のようものがあった。
心なることの種種かき置きぬ思い残せることなかりけり
呼びだしの声まつ外に今の世に待つべき事のなかりけるかも
此の程に思い定めし出立をけふきくこそ嬉しかりけり
早速注文して購読することにする。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『吉田松陰留魂録』(全訳注)古川薫著 講談社学術文庫 886円
    コメント(0)