☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年01月23日

『吾輩は猫である』夏目漱石著 1979年発行

『吾輩は猫である』夏目漱石著 1979年発行


これほどの名著をもしかして完読したことがないのかもしれない。県立土屋文明記念文学館で、漱石の葉書を観たのに刺激され、漱石の小説を読み始めた。家の書斎に眠っていた『吾輩は猫である』を取り出して読み始めている。だから、読後感を書いているわけではない。初版は、明治38年で、発行所は、大倉書店と服部書店になっている。なかなか粋な本で、表紙の装丁は樋口五葉であり挿絵は中村不折による。さらに、読み進めるためにはペーパーナイフで切るようになっている。
この復刻本は、『吾輩は猫である』だけではない。せっかく購入したのだから、他の小説もナイフで切り裂きながらじっくり味わってみたい。ところが、漢字にルビがふってあるわけではないので読めない字もある。「など」という漢字はワープロの文字にもない。テ片に不という文字である。「態態」は、わざわざと読むらしい。「聊」かは、「いささ」かのようだ。古文ほどではないが、時代を感じられて良い。カビ臭さも、効果的である。根気よく読むことにする。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石句集」より(萩薄)
「漱石句集」より(野菊)
「漱石句集」より(秋の空)
「漱石句集」より(梅)
「漱石句集」より(岡の梅)
「漱石句集」より(白梅)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(萩薄) (2020-04-04 11:18)
 「漱石句集」より(野菊) (2020-04-03 00:08)
 「漱石句集」より(秋の空) (2020-04-02 06:28)
 「漱石句集」より(梅) (2020-04-01 11:11)
 「漱石句集」より(岡の梅) (2020-03-31 00:05)
 「漱石句集」より(白梅) (2020-03-30 07:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『吾輩は猫である』夏目漱石著 1979年発行
    コメント(0)