☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年02月02日

ウミガメの涙

2月1日(日)のHNKの番組を見ていたら、ウミガメの産卵の場面が写しだされていた。砂浜に穴をほって卵を産むのだが、自力で海に帰り、また産卵に戻るウミガメは、1000匹に一匹だとか。なんとも厳しい世界である。感動的だったのは、ウミガメの産卵するときの目から涙があふれるシーンである。人間の涙とは違う。さらっと流れず、ゼリーのようである。産みの苦しみ、産みの喜び、ウミガメに聞かなければわからない。命を生み出すことは崇高なことである。命を断つ、あるいは殺す。こういう考え、行為はなんとしても避けたい。イスラム国の行為により、殺害された後藤さんのことは、記憶に留めなければならない。決して他人事にはしたくない。その時考えたいのは、彼の死に向かうときの覚悟、それに至る動機を想像したいと思う。、その判断は、知的ではなく情の世界で良い。私も、あなた方もこうした行為ができますか。命がけという行為は、少なくなりました。政治的な問題にはしたくない


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ウミガメの涙
    コメント(0)