☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年02月13日

大衆酒場

NHKの『クローズアップ現代』という番組で、「大衆酒場」をテーマにして、その背景にあるものを紹介していた。第3の空間という言い方をしていた。第1の空間は自宅。第2の空間は職場。心が満たされるために第3の空間が必要だと言っている。
お酒は飲めるが、日常の中で大衆酒場に行く機会はほとんどない。旅に出た時に立ち寄ることはあるが、田舎で、大衆酒場の少ないこともあるが、飲んだ後車の運転ができないので経済的にも無理である。交通手段の不便さがない都会ならば大衆酒場に出掛ける回数も多くなっていたかも知れない。
吉田類という不思議な人がいる。何が本業なのかわからない人だが「酒場放浪記」とう番組に出てお酒を飲んでいる。随分長いこと続いている番組で何度か見たことがある。『クローズアップ現代』でも紹介されていた。人気があるらしい。
個人的には旅を趣味にしているが、大衆酒場の意味は良く解る。一時的にも、非日常的気分を味わうことができる。加えて、離れている友人や、知らない人とコミュニケションができることである。フェースブックなども、一種の「大衆酒場」になっているかも知れない。酔っ払い過ぎて他人に害を与えたり、嫌な思いをさせないようにしなければならないことは共通している。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大衆酒場
    コメント(0)