☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年02月28日

閑谷学校




江戸時代、それなりに教育の場があった。藩校と言われる武士を中心にした教育機関がそれである。庶民は、寺子屋で学ぶことができたので、いわゆる「読み書きそろばん」ができる人は多かった。全国を旅して、藩校の史跡を訪ねることもあった。会津には、日新館があるし、水戸には弘道館がある。弘道館は、震災の直後だったので、中は見られなかった。藩校ではないが、栃木県足利には、足利学校がある。
ごくごく最近知ったのだが、岡山県には閑谷学校がある。岡山出身の牧師さんに教えてもらったのである。1673年の開校で、講堂の建物は国宝だという。建設に踏み切ったのは、岡山藩主池田光政である。名君の呼び名が高い人物である。庶民も学ぶことができたというから驚きである。当時の学問は、儒学で、近江聖人として知られる中江藤樹の弟子である熊沢番山も閑谷学校に関係があるようだ。幕末には、山田方谷が閑谷学校が廃校にならないように尽力した。
岡山の津山市に大学時代からの友人がいて、ここ7・8年毎年のように会うようにしている。岡山県内を案内してもらっているが、閑谷学校には足を運んでいない。備前市にあり、岡山空港からそれほど遠くはないので、次回訪問の折には、車で案内してもらおうと思っている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
閑谷学校
    コメント(0)