☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年03月11日

なぜ歩詰めは禁じ手なのか

先週のNHK将棋対局で二歩の禁じ手が出現。大変驚いた。将棋のルールの中には禁じ手が結構ある。先々週の森内九段と深浦九段は、なかなかの熱戦で、終盤は深浦九段が勝勢に見えた。解説者の佐藤九段も深浦九段に分があると見ていた。詰みの場面があった。と言っても歩を打てば詰みという場面である。当然のことながら歩は打てない。とうとう寄せきらず、森内九段の勝ちになった。
将棋もチェスもインドから生まれたとされる。戦争ゲームのようなものか。駒の働きも似ているが、決定的に違うのは、相手から奪った駒を再利用できるのが将棋である。「昨日の敵は今日の友」である。それだったらなぜ歩を打って王様を仕留めてはいけないのだろうかという素朴な疑問がわく。
武士の美学からして、名もない足軽(歩)に首を取らせるわけにはいかないからだろうというごもっともな説がある。しかし、「歩のない将棋は負け将棋」という格言もあるように歩も馬鹿にした存在ではない。と金にもなることができる。主権在民の国になっているのだから歩にも詰めに一役加えてほしいというのは思いつき過ぎるだろうか。将棋愛好家としては、伝統重視の保守派である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜ歩詰めは禁じ手なのか
    コメント(0)