☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年03月31日

「上野三碑」特別講演会



3月28日(土)上記講演会が開催された。会場になったのは、高崎商科大学でこの近くに、上野三碑と言われる古碑のうち二つがある。山ノ上碑(681年)と金井沢碑(726年)である。1300年の時間を超えて石碑として残り、しかも石に刻んだ文字が読み取れるということは、驚くべきことである。高崎市吉井地区にある多胡碑(711年)を加えて「上野三碑」として世界記憶遺産に登録しようという運動が始まっている。
 講師は、古代史の研究者で、それぞれの研究分野を踏まえて講演した。聴衆の多くは、この分野の専門家ではないが、この講演を聞いて「上野三碑」が価値あるものだということは門外漢である私にも理解できた。平城京に都が置かれる前後の、東国と言われる群馬の様子がほのかながら想像できる。その一つに、この地方は、古代から仏教信仰が広まっていたということ。そのことを古碑が伝えている。碑に刻まれた「知識」は、仏教信者という意味だと言う。仏教を広めた立役者は、鑑真の弟子である道忠という僧で、その門下には天台座主になった僧が多い。下野出身の慈覚大師もその一人である。
 多賀城が、東北地方を大和政権の中に組み入れるための前線基地だったが、上野(群馬)からは、多くの兵士が駆り出されたらしい。碑はその供養塔の意味もあるという。その移動は、碓氷峠を越え、信州、越後、出羽という道筋だったという。
 日本三大古碑の一つ多胡碑は、渡来人が多く住んだ今日で言えばハイテク団地であったことを示しているともいう。多胡の胡は中国西方の民族の意味が含まれている。多くは、朝鮮半島から来た技術者であった可能性が高いという。古代から、群馬をアピールするのも良いかもしれない。上信電鉄、根古屋駅の近くに金井沢碑があるというので帰路見学することにした。山間の竹林の中に、コンクリートの建物に保護され窓越しに見られるようになっている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「上野三碑」特別講演会
    コメント(0)