☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年06月17日

神津牧場



テレビを見ていたら、群馬の高原にある牧場が紹介されていた。どことなく見覚えのある風景で、神津牧場だということがすぐわかった。この牧場を訪ねたのは30年も昔である。息子が3歳の時だったと思う。「氷雨」という曲が巷に流れていた記憶もある。
搾乳のために牛たちが列を作って牛舎に移動する姿がほほえましい。それこそ道草を食っている牛もいる。ここで作られるチーズを紹介していた。番組スッタッフの女性が美味しそうに食べている。テレビ局にいる渡辺徹が羨ましそうにしている。
神津牧場は、日本最古の洋式牧場である。ホームページには明治20年に、長野県佐久市の豪農の息子、神津邦太郎が始めたと紹介されている。福沢諭吉門下である。それから120年牧場経営は続いている。日本人の体力向上に乳製品が果たす役割の大きさを考え、実行した。志や高し、先見の明を痛感した。地元の人には、軍艦山と呼ばれる荒船山や、絹遺産群として世界遺産になった荒船風穴も近い。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神津牧場
    コメント(0)