☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年06月27日

七仏通誡偈

近所にゴルフ仲間の僧侶がいる。書家でもある。県展に作品を出したりしている。床の間には、昔中国に行ったときに衝動買いした(?)水墨画が長年掛けてあって、見栄えがしない。この際、一筆お願いして新しい掛け軸にすることにした。快諾してもらい、書いてもらう文字を話すと、さすがお坊さん。「七仏通誡偈ですね。それはよろしいこころがけです」と褒められた。
この人の檀家でもないし、仏教徒でもないので条件をつけた。「諸悪莫作、衆善奉行、自浄其意まででよいですから」この後は、「是諸仏教」と続くのである。さらに付け加えて、「少し恥ずかしいので、楷書ではなく、行書か草書でお願いします」と。さすが、寛容な仏教の菩薩様は快諾してくれた。
なぜ、この文字にしたのかには理由がある。若い時に、数学者の岡潔先生にお会いし、その教えに導かれたことに関係がある。先生が愛読していた書に、道元の『正法眼蔵』がある。非常に難解な本であるが、七仏通誡偈について解説している。
東京大学教授で倫理学者である、頼住光子がこのことを詳細に書いている。意味はこうなる。
悪いことをしようと思っても
良いことをせずおられない
そのような生き方の中で、自然と心が浄まっていく
しかし、修行ができていない自分には、3歳の童子への教えでよい。80歳になったら自覚できるかもしれない。

悪いことをしてはいけない 
     善いことをしなさい 
     そして自分の心を浄めなさい


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
七仏通誡偈
    コメント(0)