☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年07月06日

久坂玄瑞





蛤御門の変で、久坂玄瑞が自刃した。25才だという。当時の青年は、政治意識が高い。しかも命をかけて。彼が、歴史的に、今日でも取り上げられるのは、なぜなのだろう。幕末という時代は、緊迫感があった。国の存亡がどうなるのか、若者の方が真剣だった。不思議な時代である。今はどうか、命がけの政治家は少ないし、投票率も低いから、大衆は傍観者に近い。そう評する私も大衆の一人である。平和なのである。
イデオロギーと言うのは抽象的である。玄瑞も、師吉田松陰の薫陶を受けたから尚更である。しかも若い。その若さで死んだのは無念だと思う。妻もいたし。ところが、彼には、実子がいた。玄瑞の肖像は、息子が成人した姿の想像画である。身長は、180センチ以上、美男子となれば、ドラマの主役にもなれる。ただこの人は、戦ではなく、言論を重視した人である。しかも、至情の人のように感じる。25才で、こうした人生観を持てる人も稀有である。15才で、父、母、兄弟を亡くし、天涯孤独の境遇になったこと。いろいろな要因があったのでしょう。不思議な人物であることは間違いない。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
久坂玄瑞
    コメント(0)