☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年08月18日

『神社の謎』 合田道人著 祥伝社黄金文庫 669円(税込)



著者は、童謡に思い入れが深い歌手であるが、作家でもある。『童謡の謎』シリーズはベストセラーになった。全部ではないが、何冊か購入して読んでいる。なかなかよく調べ、洞察も深い。子供のような素朴な好奇心が、読者を惹きつけたのだろう。たまたま、公共の文化施設で、童謡の歴史を取り上げた企画展に、彼の講演とコンサートがあり、無料ということもあって、購入した本である。サイン入りでもある。
今度は、神社とは意外である。歌手というジャンルとは違うからである。最近流行りのパワースポットに拘っているのが気になるが、神社の謂れをよく解説している。講演で全国を廻っているので、そんな機会に参拝しているのだろう。こちらも、全国を旅しているので神社に詣でることが多い。神社にお勤めする友人もいるので、神道のことも少しは知識を持っているつもりであるが、お参りの形式までイラストつきで解説している。柳の下の泥鰌を狙っている感もあるが、売れるかもしれない。歌手と作家、プロ野球の大谷選手のような二刀流の素材かも知れない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別)
『風蘭』 岡潔著 角川ソフィア文庫 821円
「私の履歴書」
同じカテゴリー(書評)の記事
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店 (2017-05-19 12:02)
 『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店 (2017-05-11 16:44)
 『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫 (2017-05-06 10:22)
 『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み) (2017-05-03 16:44)
 『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社 (2017-04-28 11:51)

この記事へのコメント
こんにちは。初めまして、MIKIWAGARDENと申します。

『神社の謎』なんて、タイトルからして面白そうな本ですね!!
かなり気になります!!

Mikiwa
Posted by MIKIWAGARDEN at 2015年08月18日 17:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
『神社の謎』 合田道人著 祥伝社黄金文庫 669円(税込)
    コメント(1)