☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年08月18日

『神社の謎』 合田道人著 祥伝社黄金文庫 669円(税込)



著者は、童謡に思い入れが深い歌手であるが、作家でもある。『童謡の謎』シリーズはベストセラーになった。全部ではないが、何冊か購入して読んでいる。なかなかよく調べ、洞察も深い。子供のような素朴な好奇心が、読者を惹きつけたのだろう。たまたま、公共の文化施設で、童謡の歴史を取り上げた企画展に、彼の講演とコンサートがあり、無料ということもあって、購入した本である。サイン入りでもある。
今度は、神社とは意外である。歌手というジャンルとは違うからである。最近流行りのパワースポットに拘っているのが気になるが、神社の謂れをよく解説している。講演で全国を廻っているので、そんな機会に参拝しているのだろう。こちらも、全国を旅しているので神社に詣でることが多い。神社にお勤めする友人もいるので、神道のことも少しは知識を持っているつもりであるが、お参りの形式までイラストつきで解説している。柳の下の泥鰌を狙っている感もあるが、売れるかもしれない。歌手と作家、プロ野球の大谷選手のような二刀流の素材かも知れない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『定年後』 楠本新著 中央公論
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 『定年後』 楠本新著 中央公論 (2017-08-31 14:59)
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)
 『菜根譚』 洪自誠著 (2017-07-08 10:13)
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)

この記事へのコメント
こんにちは。初めまして、MIKIWAGARDENと申します。

『神社の謎』なんて、タイトルからして面白そうな本ですね!!
かなり気になります!!

Mikiwa
Posted by MIKIWAGARDEN at 2015年08月18日 17:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『神社の謎』 合田道人著 祥伝社黄金文庫 669円(税込)
    コメント(1)