☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年09月11日

河川の氾濫



台風接近による大雨によって鬼怒川の堤防が決壊して、家が流され、行方不明者が出ている。数日で600ミリ以上の雨が降り、鬼怒川は耐えられなかった。鬼が怒ったわけではないが、50年に一度の雨量だったという。
昔から、治水は、国を治めることとも言われた。急流で知られる富士川は、長野から山梨、静岡の3県を流れ、駿河湾に注いでいる。富士川の上流は、釜無川で武田信玄が築いたとされる信玄堤が今も残っている。富士川には、雁堤という遊水池を兼ねた堤防が、江戸時代に築かれた。富士川を川舟が運航できるようにしたのは、角倉了以であるが、人の暮らしに、川は大きな役割を果たしている。
9月の京都行き、10月の日光と鬼怒川温泉行きに、今回の洪水は、川の歴史、役割を理解するきっかけにしたい。行方不明者の生存を祈るばかりである。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
河川の氾濫
    コメント(0)