☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年10月17日

心に浮かぶ歌・句・そして詩165

俳句鑑賞(1)
角川文庫の『現代俳句』(山本健吉著)から好きな句を選ぶことにした。最近は、1年に数句というありさまになっているが、これからは、心がけて俳句に親しもうと考えるようになった。身近に師がいないので、著名な俳句論者の山本健吉に学ぶことにした。
正岡子規の句を最初に、著名な明治以降の俳人の句が解説されている。山本健吉が俳人であるか、その句を知らないので定かではないが、古今の多くの俳人の句を調べていることは確かである。
子規の句と言えば、死の寸前の糸瓜の句や、柿の句が思い浮かぶが、何よりも好きな句は、「いくたびも雪の深さを尋ねけり」だが、初期の句に
紫陽花や 青にきまりし 秋の雨
がある。明治27年とあるので、病床に伏す前のものである。
季語が二つあるではないかと思うのだが、紫陽花が長期間にわたって咲く花だということを意識している。雨に色はないが、秋の頃の紫陽花は青を意識させるという観察である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩165
    コメント(0)