☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年11月09日

劇画『死線を越えて』 藤生ゴオ作画 家の光協会 1143円(税別)



『死線を越えて』は、賀川豊彦の作品で、復刻本も出ている。出版された当時ベストセラーになった。徳島にある賀川豊彦記念館を訪ねたことがあるが、賀川豊彦のマルチさには驚かされた。宗教、教育、社会事業、社会運動、作家と多方面で活躍している。何にもまして実践家である。ガンジー、シュバイツアーと肩を並べる聖人と評価する人もいる。
この本は、『死線を越えて』を劇画にしたものである。それでも、彼の生涯は感動的である。最後まで社会の人々の幸福を目指した。世界平和は若い時からの思想の根幹にある。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
劇画『死線を越えて』 藤生ゴオ作画 家の光協会 1143円(税別)
    コメント(0)