☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年11月12日

『良寛に生きて死す』 中野孝次著 考古堂 1800円(税別)

中野孝次は、芥川賞候補になった。良寛について書かれた本は多い。高崎市出身の歌人吉野秀雄においても著書がある。中野孝次は鬼籍に入っているが『良寛に生きて死す』は、彼の遺言のような内容になっている。講演や対談も掲載されている。
聴衆へのお土産だと言って、良寛の生き方を5つに整理した。
「物欲を捨てよ」
「今の為に生きよ」
「ゼロに身を置け」
「身を『閑』の中に置け」
「自分で考え正しく生きよ」


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『良寛に生きて死す』 中野孝次著 考古堂 1800円(税別)
    コメント(0)