☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年11月28日

田端文士村記念館



11月21日(土)、田端駅北口に近い田端文士村記念館を訪ねた。大正から昭和の初期に多くの文人が田端に住んでいた。その代表的な人物が芥川龍之介である。その家が、30分の1の大きさで復元されている。なかなか大きな家である。
北区が運営しているためか、入館料は無料である。この日は、東京国立博物館、大宮市の教会で開催される音楽会と掛け持ちで時間がとれず、ゆっくり見学できなかったので、今回は下見と言うことにして、改めて訪問することにした。散歩コースもあるので次回は散策してみることにする。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
田端文士村記念館
    コメント(0)