☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年12月12日

花鳥風月



自然の営みに関心を寄せ、慈しみ、愛でることは、俳句の大事な心がけだと思う。俳句には季語があって、まずはそれを覚えなければならない。関心がなければ覚えられない。しばらく俳句から遠ざかっていたら、意外と鳥の句がない。花鳥風月というではないか。
荻原に一点白き鷺遊ぶ
という句しか思い出せない。
身近にいる、カラス、スズメ、セキレイくらいは判別できるが、シジュウカラ(四十雀)、ミソサザイ(三十三才)という季語で句を作る自身はない。還暦を過ぎたと言うのに鳥には、いかに無頓着だったということを反省している。
老いの名もありとも知らで四十雀 芭蕉
という句を鑑賞する資格もない。
冬の鳥という季語があるから、この季節、鳥を題材にするのなら、この季語を使ってお茶を濁すようなこともできるが、佳句にはなるまい。今後、努めて野鳥に関心を寄せてみたい。庭先に餌箱を置いてみようかとも思う。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
花鳥風月
    コメント(0)