☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年12月26日

皇居一周(おぎ散歩)



よくテレビなどで皇居の周りをランニングする人の姿を見ることがある。インターネットで「皇居一周」を検索してみると、途中にトイレや休憩場所も設置されている。距離は5キロメートルほどで、信号も無く手頃な散歩コースになっている。皇居の緑も目に優しいし、近代ビル群も気にならないだろう。
途中に、東京国立近代美術館もあり、特別企画展でもあれば、道草を食っても良い。歴史に興味があれば、桜田門事件を思い浮かべることもできる。小学生の修学旅行の定番だった二重橋の見学もでき、その前で記念写真をとっても良い。
ぐるりと一周して、東京駅に向かい右手を見れば、東京中央郵便局のレトロな建物が見えてくる。近年建物の一部を残し、近代的ビルに生まれ変わった。古い建物の2階と3階が東京大学総合博物館の展示施設になっている。入場料は無料である。時間によって、見学前か見学後に食事もできるだろう。
1月中旬以後の日曜日に決行しよう。ハイキング仲間の了解を取れている。下見の必要は無いが、下調べはしておこう。東京都美術館でボッティチェリ展もあるようだから、立ち寄っても良い。同行者の同意も必要になる。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
皇居一周(おぎ散歩)
    コメント(0)