☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年12月28日

元旦旅行



2002年から、元旦は旅に出ることにした。月日の流れるのは早いもので、来年が15回目になる。JR東日本に元旦パスというのがあって、北の旅が多かった。2002年は、浅虫温泉に行った。盛岡、青森間の新幹線が開通していなかったので特急を乗り継いだ。良く日帰りが出来たといまさら思う。
還暦を過ぎてからは、西に方向転換した。一番は、経済的理由。天然温泉に入ってゆったり過ごすことは変わりない。さて、2016年は?暮れになっても計画が立っていない。それも、元旦でなく大晦日になる可能性が出てきた。友人と会うことが条件になりそうである。彼は、東京に出てくるが、元旦は親族との新年会がある。藤沢市あたりで会うとすれば、12月31日である。
藤沢から江ノ島が近い。温泉旅館はあるが、日帰り入浴はできない。良く調べると、橋を渡って右側にりっぱな温泉つき健康センターらしきものがあったのを思い出した。調べてみると年末年始無休とのこと。海を眺めながら、運がよければ富士山も見ることができるかもしれない。元旦に拘ることはない。大年日帰り旅行でも良い。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
元旦旅行
    コメント(0)