☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年03月03日

『花神』司馬遼太郎著 新潮文庫



NHKの大河ドラマで印象的な番組は、「竜馬が行く」(1968年)と「花神」(1977年)である。共に原作は、司馬遼太郎である。他にも司馬遼太郎原作の大河ドラマもある。こうしたことも、司馬遼太郎が国民的作家になった一因と思っている。とりわけ、「花神」は、見ごたえがあった。役者も良かった。
「花神」は、花咲か爺さんという解説があった。花咲か爺さんは、村田蔵六である。明治陸軍の創立者と言われる大村益次郎でもある。演じたのは、中村梅之助で、前進座の関係でお会いしたことがある。最近亡くなった。和服姿で団扇を仰ぎながら進軍する姿。好きな湯豆腐で一人晩酌している姿などが浮かんでくる。
明治維新を成し遂げた、長州藩の人物模様でもある。最初に思想家が出る。吉田松陰である。次に、革命児が出る。高杉晋作である。そして、維新を成就させる。それが大村益次郎であった。大村の才能を見出した、桂小五郎の役割も大きい。
このドラマを見て、すっかり司馬文学の虜になってしまった。『世に棲む日々』このドラマの原作として使われている。映像も残っているようだ。あえて、見ようとは思わないが、本は再読してみようと思う。この年、就職したことも思いで深い。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『花神』司馬遼太郎著 新潮文庫
    コメント(0)