☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年04月22日

『古代史再検証 蘇我氏とは何か』宝島社 1000円(税別)



友人から「上野三碑」について書いた著書を贈呈され、古代史への関心が湧いてきた。近くのコンビニ行った時、この本が目に留まった。蘇我氏について検証している。稲目から入鹿まで4代、人物は、皆凛々しく描かれている。想像画には違いないが、それにも刺激されて購入した。写真や関係図がふんだんに載っている。
大学を卒業して間もない頃、古代史を彷彿させる明日香村を歩いた。青葉の季節だったと思う。爽やかな印象として記憶に残っている。甘樫丘にも登った。このあたりに、蘇我蝦夷、入鹿父子が大邸宅を構えていたと伝えられている。大化の改新の舞台になった板蓋宮跡や川原寺跡、蘇我馬子の墓と言われている石舞台も訪ねている。
石舞台あたり昭和の緑濃き
今度は、平成の緑の中をじっくりと歩きたいと思った。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『古代史再検証 蘇我氏とは何か』宝島社 1000円(税別)
    コメント(0)