☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年05月31日

逍遥の歌

旧制高校、旧制中学校の時代には寮歌があった。有名なのは、一高、三高の寮歌である。寮歌は、現代でも、大学の応援歌として歌い継がれている場合が多い。同志社大学と言えば、ミッション系大学でこうした歌の類はないと思われるがそうではない。まさに、「同志社大学逍遥歌」として応援歌になっている。
同志社は、建学の精神をキリスト教に置き、新島襄らによって設立された。逍遥歌には、キリスト教精神が読み込まれているかと言えばそうではない。京都周辺の風物が歌われているのである。学生時代から、校歌より愛着を持っていた。今も断片的だが、口づさむことができる。クラブの宴会などで、酔って歌った記憶も懐かしい。
歌う前の口上が良い。「古き名門の娘に恋するが真の恋であって、裏町の陋屋に住める乙女に恋するが真の恋でないと誰が言えようか・・・・」裏町、陋屋、乙女などという表現が良い。逍遥とは思索して歩くさまを言うのだろうが、世間から離れて学問に打ち込む姿でもある。
同志社大学逍遥歌
1.古都の春葉未だ陽に染まず
紫紺の陽光(ひかり)雲居より
塵外境の平和の地
おお同志社に進みゆく
我が人生は堂々たり
2.近江舞子の波高らかに
瀬田の唐橋渡り行く
自由と正義の力もて
おお同志社の強者(つわもの)よ
我が人生は遥々たり
3.比叡の嵐なにものぞ
緑陰深し延暦寺
誇りの歴史かがやかん
おお同志社の柱なれ
我が人生は怒涛たり
4.祇園の宵も今宵のみ
永遠(くおん)の杯に倫安(とうあん)す
四年(よとせ)の学びなしおえて
おお同志社を去りゆかば
我が人生は安らかれ




同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
妙義ふるさと美術館
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 高齢者青春18切符活用(2) (2018-01-09 11:24)
 高齢者の青春18切符の活用 (2017-12-26 11:33)
 「秋刀魚の味」・「彼岸花」 (2017-12-19 14:50)
 下仁田戦争始末記 (2017-12-08 14:15)
 将棋竜王戦5局とカエル・カード (2017-12-06 10:32)
 今日のカエル・カード (2017-12-05 11:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
逍遥の歌
    コメント(0)