☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年06月03日

グランドカバー



造園のことが関心事になっている。東西南北、梅林の中の宅地は、玄関先の駐車場が完成して、様になったが、母屋との間の斜面が取り残された格好になっている。半日陰で、芝も育ちそうに無い。コゴミなどの野草を植えてみたが、地肌を埋める緑になっていない。定期的に雑草とりが必要になっている。
 「グランドカバー」は、緑で地面を覆うことである。芝生が代表的な植物だと思うが、なかなか日本の風土では雑草が入ったりして管理しにくい。そういっても南面は、高麗芝にした。ゴルフ場や公園の管理された芝に魅了されているためなのだろう。苔も「グランドカバー」と言えるが、生育には不適な環境だということがわかる。芝の横なので、マッチしない。クローバーもよいが芝生に種が飛びそうで不合格。近所に庭好きの人がいて、木々の下草が常緑なので、尋ねてみると「ダイカンドラ」という植物だと言う。半日陰でも育ち、種も飛ばず繁殖力も良く、背丈も低く、刈ったりする手間もないという。季節的に植え込みが間に合いそうだ。試験的に数株植えてみようと思う。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
グランドカバー
    コメント(0)