☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年07月01日

ノウゼンカズラ



この時期に、道路を車で走っていると、垣根や、木に絡まるようにして咲いているオレンジ色の花が目に付く。ノウゼンカズラという名前を知ったのは、それほど昔のことではない。俳句をする人間として恥ずかしい限りだが、最近外国からやってきた花だろうぐらいの意識だったのである。ノウゼンカズラは、中国が原産らしいが、平安時代から日本で植えられていたようだ。
蔓性の植物なので、巻きついて支えてくれるものが必要。新居に隣接して、イチョウの大木があり、落ち葉が大量に落ちることを考え背丈をつめ、枝を落とした。春になって芽吹き緑も出てきたが、いかにも無残な姿に見える。そこで思いついたのが、イチョウの木の根元に、ノウゼンカズラを植え、絡ませてみようという発想になった。小さな苗木だから、マシになるのは数年後だと思うが楽しみである。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ノウゼンカズラ
    コメント(0)