☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年07月26日

彫刻家荻原守衛



明治の後期に、彗星のように現れた天才的彫刻家荻原碌山のことである。安曇野、大糸線穂高駅の近くに美術館があり、作品が展示されている。人生は、30年と短い。名字が同じなので、親近感もある。最近は、荻原浩が直木賞を受賞したので、荻原の認知度も上がっているかもしれない。初対面の人の7割くらいが「荻原」を「萩原」と間違える。
臼井吉見の小説『安曇野』の1巻と2巻に登場する。アメリカ、ヨーロッパに7年間留学し、ロダンの影響を強く受ける。この点は、高村光太郎も同じで、芸術をともに語り合える親友になった。最後に残した作品は「女」である。この作品を、仕上げた直後急死するのだが、死因は定かではない。小説の中の描写もあるが、様々に推測はされるが、明らかではない。モデルはいたが、イメージしたのは、新宿中村屋のおかみである相馬黒光と言われる。
彼の残した有名な言葉は、「相剋は美」である。碌山美術館にもこの言葉が刻まれている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
彫刻家荻原守衛
    コメント(0)