☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年09月07日

『潜行三千里』辻正信著

『潜行三千里』辻正信著

新書版である。ベストセラーになった本の復刻版である。最近新聞広告でよく紹介されているので、読んでみようと思った。辻正信と言えば、関東軍や大本営の参謀として知られている。終戦後、東南アジアや中国大陸に潜伏し、帰国し国会議員になった人物である。その後、東南アジヤを再訪し、後方不明になったことでも知られている。
逃亡記として読むと体験談でもあり、文章力もあって臨場感を生んでいる。参謀としての機転、大胆さ、情報分析、決断の的確さなど随所に見られ、スリリングで面白い読み物になっている。終戦後のアジアは、独立運動も絡み、不安定な世情だということがわかる。蒋介石の国民党軍が、辻の力を借りようとしたこともうなづける。
私の大叔父は、終戦後少佐を最後とし、1年近くベトナムに残った体験談を話してくれたことがあった。治安維持に、日本の軍隊が必要だったのである。戦犯になる可能性がない点では、辻正信と違っていたが。瀬島龍三も大本営の参謀でシベリヤに抑留され、日本に戻り実業家となり、中曽根政権で行政改革に手腕を振るっている。末次一郎は、陸軍中野学校の出身で、戦後も政治の影になって活躍した人物である。評価は別にして、国士という感じがする。
『潜行三千里』辻正信著

『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた男』も並行して読んでみた。なるほど、迫力のある人物である。東条英機とは馬が合わなかった。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(掛稲)
『高浜虚子句集』より(無月)
「高浜虚子句集』より(極署)
『高浜虚子句集』より(萩)
『高浜虚子句集』より(朧夜)
『高浜虚子句集』より(冬日和)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(風花) (2020-09-27 08:47)
 『高浜虚子句集』より(初詣) (2020-09-26 08:34)
 『高浜虚子句集』より(掛稲) (2020-09-25 17:35)
 『高浜虚子句集』より(落葉掃) (2020-09-25 09:01)
 『高浜虚子句集』より(無月) (2020-09-24 09:12)
 「高浜虚子句集』より(極署) (2020-09-23 08:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『潜行三千里』辻正信著
    コメント(0)