☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年10月15日

『夫婦のルール』三浦朱門×曾野綾子 講談社 900円(税別)



旅先(小樽)で購入した。小樽の町をゆっくり散策できないので、この街にしかないような書物はないかと、駅前にあった紀伊国屋書店に立ち寄った時に、目に留まったのである。三浦朱門90歳、曾野綾子85歳と表紙に書いてある。それにしては、お若い。文庫本で車内でも気軽に読めそうである。夫婦の会話である。
両氏とも長寿で、作家であり、三浦朱門は文化庁長官、曾野綾子は、日本船舶振興会(日本財団)の会長を歴任した名士でもある。2人のご意見を素直に拝聴することにした。この夫婦にしても山あり谷ありだと思った。順風満帆ということでもない。他人と自分を比較しても、同じ条件ではないのだから意味はない。辛辣にも聞こえるような内容もあるが、言葉尻を捕らえて反論する気は起こらなかった。
本の中でも少し触れていたが、30年前に三浦朱門の母君が、私の勤める老人施設を利用されていたことがあった。三浦朱門は、文化庁長官になられた頃でお話する機会は少なかったが、曾野綾子は、こまめに面会に来られ、署名入りの本もくださった。御2人に共通しているのは、著名人らしくない気さくな人柄だった印象である。気楽に、法人の広報誌に寄稿していただいた。高齢夫妻のメッセージ、心に留めることにした。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店 (2017-05-19 12:02)
 『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店 (2017-05-11 16:44)
 『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫 (2017-05-06 10:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
『夫婦のルール』三浦朱門×曾野綾子 講談社 900円(税別)
    コメント(0)