☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年10月25日

「しがくのやど」



私学共済の加入者に便宜を図る宿が、全国に8箇所ある。今年3月、友人の勧めで湯河原の「敷島荘」という宿に泊まった。食事もよく、場所も良かった。軽井沢にも「しがくのやど」があって、またもやお誘いがあった。中軽井沢駅の近くにあって、外観も高原宿の感じがある。
厚生年金会館、郵便貯金会館なども利用したことがあるが、無駄な投資をして、国民の反発をかったことを意識して、最近は、旅先の宿にすることはなかったが、営業を継続していることから考えれば、それなりの努力をしているのだろう。軽井沢は、別荘地であるが、自分の所有する別荘はないし、友人の別荘もない。加えて、自宅から日帰りできる距離にあり宿泊する必要もなかった。
今回は、友人が遠方から訪ねてくるので、泊る意味もある。帰路我が家にも泊ることにもなっていて、軽井沢を車で案内することにした。近くには、文人が愛した星野温泉がある。こちらは日帰り温泉である。宿を出て、昼食をはさみながら体を休めて、夕食を我が家で接待することにしている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「しがくのやど」
    コメント(0)