☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年10月29日

『大東亜戦争の実相』 瀬島龍三 PHP文庫 533円(税別)



瀬島龍三は、大本営の参謀であった。戦争の戦略、企画を立てる立場にあった。戦後、10年ほどシベリヤに抑留され、帰国後は、商社伊藤忠に勤務し、会長にまでなっている。中曽根内閣の時に土光臨調の委員を務めてもいる。先の大戦については、多くを語らなかったが、アメリカの大学で講演した記録が本になって残っている。
参謀らしい著述である。感傷的、感情的表現はほとんどない。敢て言えば、先の大戦は、「太平洋戦争」ではなく「大東亜戦争」であるという主張である。本のタイトルにもなっている。そのことは、日本にとって先の大戦は、「自存自衛の受動戦争」だとも言っている。戦争を肯定しているわけではない。7つの教訓を上げている。
①賢明さを欠いた日本の大陸政策
②早期終結を図れなかったシナ事変
③時代に適応しなくなった旧憲法下の国家運営能力
④軍事が政治に優先した国家体制
⑤国防方針の分裂
⑥的確さを欠いた戦局洞察
⑦実現に至らなかった首脳会議
 明治維新以来の国是を「開国進取」と言っているが、帝国主義の時代ではないから、軍事力を背景にした海外進出は、もはや日本の選択肢にないということを痛感した。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)
 『菜根譚』 洪自誠著 (2017-07-08 10:13)
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『大東亜戦争の実相』 瀬島龍三 PHP文庫 533円(税別)
    コメント(0)