☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年11月02日

『美しい日本の私』川端康成著 講談社現代新書

川端康成が日本人で最初にノーベル賞を受賞した時に、授賞式で講演したことは有名である。その前文が英訳とともに紹介されているのがこの本である。しかも、初版本で昭和44年の発行になっている。値段も180円である。毎年のように、職場の古本屋の店主をしているので、寄贈された本を整理していたら眼に留まったのである。
 川端文学は、『雪国』を読んだくらいで、『伊豆の踊り子』すら読んでいない。それほど惹かれる作家ではないのだが、この本に紹介されている日本人は、大いに関心を寄せた人々である。道元禅師、明恵上人、一休禅師、良寛、西行法師、芥川龍之介等々。日本人の心の美しさを世界に向かって訴えたかったのである。大江健三郎などとは、対照的である。江藤淳も、川端のこの講演に関心を寄せている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(凩)
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(凩) (2021-04-19 07:36)
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『美しい日本の私』川端康成著 講談社現代新書
    コメント(0)