☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年11月04日

『新しい道徳』 北野武 幻冬舎 1000円(税別)

コメディアンから出発した著者は、俳優、映画監督としても知られるようになり、最近では作家としても認められ、マルチぶりを発揮している。この本も古本市で購入したのだが、出版は昨年で、新刊書に近い。新刊書として書店に並べられていたならば購入しなかったかもしれない。
 10月31日(日)、友人と軽井沢のしがくの宿「しずかる荘」に泊った時、ロビーに、『ほしのはなし』という絵本が置いてあった。作者は北野武となっている。さらっと読んだが、なかなか含蓄のある内容と展開である。北野武にもこんな一面があるのかと思った。そして、数日後古本市の本を整理していたらこの本を見かけた。
読み始めると、思いつきで書いていないことがわかる。綴り方は、北野武らしいが、内容は真摯で、不真面目ではない。受けを狙って書いてはいない。多くの人から見れば、型破りの人生を送っている人物のようにみられるが、根は優しい人柄に感じられる。
道徳的なものは、時代によって変わるもので、社会秩序を保つ方便という指摘には共感するし、戒律的なことは少ないほうが良いというのも同意見である。また、自ら自覚することが本質とも言っている。芥川龍之介の『侏儒の言葉』からの引用があったり、群れで生きる人間という指摘も鋭い。結構深いところで考えている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)
 『菜根譚』 洪自誠著 (2017-07-08 10:13)
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『新しい道徳』 北野武 幻冬舎 1000円(税別)
    コメント(0)