☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年11月19日

海は甦える』第一部 江藤淳 文春文庫



日本帝国海軍を近代化した人物と言われる山本権兵衛を描いた小説である。文春文庫で5部構成になっているが、絶版となっており、古書としても手に入れにくくなっている。評論家として著名な江藤淳が、こうした小説を書いていたことは驚きでもある。しかも、かなり若いときの作品である。江藤淳の祖父や、母親の父親は、海軍の将官であったことから日本海軍の歴史に関心を持ったのが理由だとされている。
山本権兵衛は、軍人であり、政治家でもあり、伯爵、海軍大将、内閣総理大臣という肩書きがあるにも関わらず、意外と後世の人に知られていない。実務家と言ってもおかしくない地味な働きをしているからなのであろうか。しかし、実行に移した内容をみると、常人にはできない改革者である。一つは、幕末から維新にかけて功績のあった軍人を予備役にして、近代海軍の技術と知識を学んだ有能な人材を登用し、帝国海軍の体質を変えた。近代海軍の父と言われる所以である。
司馬遼太郎の『坂の上の雲』で読んだのだと思うが、日本海海戦で大勝利に導いた東郷平八郎を連合艦隊司令長官に抜擢したのも山本権兵衛であった。年功序列で考えればありえない人選であったが、決断した根拠があった。人選から外れた日高荘之丞は、同郷であり海軍兵学校の同期であったにもかかわらず。明治天皇も気になって、理由を求めると、「東郷は運の良い男だから」と答えたという。独断専行する資質を、日高の気質に見ていたとされる。
書き出しは、長崎から始まっている。出島に行ったことがあるが、周囲が埋め立てられて陸地にあった。この近くに、海軍伝習所もあった。ここから、日本海軍が始まったと言ってよい。周囲を海に囲まれた日本は、イギリスのように海洋国家ではなかった。鎖国のためである。海外に乗り出し、通商を求めることはなかった。唯一出島が海外と接触の窓口になっていたが、受身な存在であった。国の防衛に、ペリー来航より、海軍の創設が急務となった。幕府側ではあったが、勝海舟はいち早くその必要を感じ行動している。主人公山本権兵衛は、西郷隆盛に紹介され、勝海舟の食客になっている。理詰めであるが豪胆な人物に描かれている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
『定年後』 楠本新著 中央公論
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
同じカテゴリー(書評)の記事
 『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫 (2017-10-14 09:08)
 『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫 (2017-10-07 17:15)
 『清沢洌』 北岡伸一著 中公新書 (2017-09-30 16:29)
 『定年後』 楠本新著 中央公論 (2017-08-31 14:59)
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
海は甦える』第一部 江藤淳 文春文庫
    コメント(0)