☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年12月24日

青春18きっぷの効用



このきっぷが売り出されてから久しい。年に3回売り出される。春と夏と冬。試用期間が限定されているが、1ヶ月間は使用が可能である。日帰り旅行に使えば、通常料金の半額以下になることもある。個人で使っても良いし、グループでも良い。値段は、1,1850円である。
このきっぷを利用して、江ノ島・鎌倉散策に5人で出かけた。高崎駅から藤沢駅まで行き、藤沢からは江ノ電で江ノ島駅に移動し、江ノ島に行き、再び江ノ島駅から長谷駅で下車し、由比ヶ浜駅ら鎌倉駅へ。JR鎌倉駅から新橋駅で途中下車し、高崎駅に戻る。通常料金ならば、江ノ電を除き、5,180円である。青春18きっぷでは、一人の料金は、2,370円。半額以下である。ちなみに、江ノ電は「のりおりくん」を利用。1日乗り放題で、600円。いちいち購入する手間もいらない。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
「本居宣長記念館」
関口コオの切り絵
小川芋銭の掛け軸
『ギリシア人の物語』Ⅱ 塩野七生著 新潮社 3000円(税別)
映画「聖(さとし)の青春」
海舟、鉄舟、南州
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 青春詩 (2017-04-19 13:01)
 「本居宣長記念館」 (2017-04-08 12:29)
 関口コオの切り絵 (2017-03-14 16:57)
 小川芋銭の掛け軸 (2017-03-11 11:15)
 恩師の死 (2017-02-25 11:55)
 『ギリシア人の物語』Ⅱ 塩野七生著 新潮社 3000円(税別) (2017-02-21 17:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
青春18きっぷの効用
    コメント(0)