☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年01月04日

相模国一宮



元旦の日帰りの旅を続けて久しいが、初詣が目的ではなかった。そろそろ、神様に1年の願い事をしても良い年になったという自覚から、神社にお参りすることにした。茅ヶ崎市から近い場所に、寒川神社があることを知った。この神社は、相模国の一宮でもある。関東近辺の一宮でお参りしていないのは、この神社と栃木県の宇都宮市にある二荒山神社だけである。
昭和29年の元旦は、天気に恵まれた。晴れ渡り、冬の厳しい寒さもない。藤沢あたりを過ぎると富士山がくっきりと見える。元旦の富士も拝みたかったのでその願いが、先ず叶えられた。寒川神社あたりから、ゆっくりと眺めてみようと楽しみにしていたが、高速道路が邪魔して裾野が見えない。しかたなく高速道路を超え、見晴らしの良い堤防に出て、カメラに収めた。
寒川神社の人出は尋常ではない。参拝するのに1時間以上かかった。タクシーの運転手に聞いたら、1月、2月は参拝する人が多く、近くに住んでいるが季節を選んで参拝すると話してくれた。神社は、普段は人がまばらだと思っていたが、さすが一宮である。元旦のもう一つの目的は、天然温泉に入ることである。茅ヶ崎駅から近い場所に、竜泉寺の湯という日帰り温泉がある。昼食もそこで摂り、くつろぐことができた。昭和30年は、宇都宮に行くことも決めた。


同じカテゴリー(旅行記)の記事画像
春めくや人様々の伊勢参り(2017年4月)
東京の桜(2017年3月)
三十年後の伊豆下田(2017年3月)
行く我に留まる汝に秋二つ(2016年12月)
行く我と留まる汝に秋二つ(2016年12月)
聖徳記念絵画館
同じカテゴリー(旅行記)の記事
 春めくや人様々の伊勢参り(2017年4月) (2017-04-04 17:56)
 東京の桜(2017年3月) (2017-03-27 16:36)
 三十年後の伊豆下田(2017年3月) (2017-03-18 13:18)
 行く我に留まる汝に秋二つ(2016年12月) (2016-12-24 09:09)
 行く我と留まる汝に秋二つ(2016年12月) (2016-12-23 16:24)
 聖徳記念絵画館 (2016-11-15 13:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
相模国一宮
    コメント(0)