☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年01月19日

『足るを知る生き方』神沢杜口「翁草」に学ぶ 立川昭二著 講談社



神沢杜口は、江戸時代中期(1710~1795)の人。京都に住んだ。40歳で与力を娘婿に譲り、隠居の身になった。それから45年、85歳まで生きた。多趣味多才の人で、俳人与謝蕪村とも親交があった。蕪村の墓は、左京区の金福寺にある。
『翁草』を書いたことで知られるが、世に広く流布したわけではないので、後世神沢杜口を知る人は少ない。『翁草』は、定年退職後、それも老齢期の随想集とも言っても良い。日常雑感でもあるが、人生訓としても良い深い思索から生まれた文章もある。また、神沢杜口が79歳の時に発生した京都の天明の大火は、取材記事であり、焼失した地図も残し、今日の貴重な歴史資料になっている。
当時、神沢杜口が見聞きしたエピソードが綴られていて興味深い。江戸時代にタイムスリップした感じがする。森鴎外の小説『高瀬舟』は、『翁草』の記述からヒントを得たものである。安楽死がテーマになっている。『興津弥五右衛門の遺書』も同じで、こちらは、乃木将軍の自刃に刺激され『殉死』がテーマになっている。
現代、リタイアしてからの老年期の過ごし方は、人さまざまであって良いが、神沢杜口の行き方は、実に参考になった。彼ほどの趣味や才能はないが、共感するところが多い。俳句、将棋(神沢杜口は囲碁)、随想を書くこと等。意識してそうなったのではないが、拙著の紀行文に『翁草』がある。これも、時代を超えたご縁かもしれない。しかし、江戸時代にあって85歳の長寿を全うしたのは凄い。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
『定年後』 楠本新著 中央公論
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
同じカテゴリー(書評)の記事
 『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫 (2017-10-14 09:08)
 『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫 (2017-10-07 17:15)
 『清沢洌』 北岡伸一著 中公新書 (2017-09-30 16:29)
 『定年後』 楠本新著 中央公論 (2017-08-31 14:59)
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『足るを知る生き方』神沢杜口「翁草」に学ぶ 立川昭二著 講談社
    コメント(0)