☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年03月02日

バルテノン神殿と彫刻群



ギリシアのアテネ市のアクロポリスの丘に建つバルテノン神殿は、今から2500年前の建築物だというから驚く。その設計の技術が、この時代に確立されていたことや、写実的な彫刻が施された神殿だったという、芸術性も驚異的である。その巨大さから見て莫大な資金と長い月日が費やされたことは、想像に難くない。
この時代、珍しくアテネは平和な時代であった。古代の民主主義も確立し、ペリクレスという有能なリーダーがアテネをリードしていた。建築もアテネの市民の賛成の元に進められていたから問題視するところはない。ところが、その資金は、税金や市民の寄付もあったと思うが、本来ならば、国の防衛のため使うべきお金だった。
デロス同盟の各ポリスの拠出金は、アテネが管理していた。いざとなれば、軍船を作り、戦いになれば軍事費になるお金である。使途からすれば、流用である。拠出したポリスの了解をとったかは、疑わしい。
彫刻群は、大英博物館に展示されている。波風彫刻群と呼ばれている。創作したのは、フィディアスと伝えられているが、バルテノン神殿建築の総指揮をとった人物とも言われている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
『定年後』 楠本新著 中央公論
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
同じカテゴリー(書評)の記事
 『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫 (2017-10-14 09:08)
 『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫 (2017-10-07 17:15)
 『清沢洌』 北岡伸一著 中公新書 (2017-09-30 16:29)
 『定年後』 楠本新著 中央公論 (2017-08-31 14:59)
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
バルテノン神殿と彫刻群
    コメント(0)