☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年04月28日

『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社



昭和41年が初版である。写真は、新潮文庫から出版されたものである。サントリーの創始者鳥井信次郎伝である。現在、日本経済新聞に「琥珀の夢」が連載されている。執筆しているのは伊集院静である。鳥井信次郎の生涯を小説化している。
NHKの朝ドラで、竹鶴政孝を主人公にした番組「マッサン」で日本でのウイスキーの歴史に関心を持った。余市まで工場見学に行った。このドラマにも、鳥井信次郎が登場する。サントリーの山崎工場で実際にウイスキーを製造したのは、竹鶴政孝であったが、経営者は、鳥井信次郎である。学生時代、京都にいたので工場を見学したことがある。
ウイスキーは、本場スコットランド以外で製造するのは、至難とされた。事業としても経営が困難と考えられていた。彼の周囲の実業家や、会社の経営者からの反対もあったが、苦難を経てやり遂げることになる。夢を現実にしたのも凄いが、金儲けだけの実業家だけではなく、社会貢献もしている。サントリーは今日でも一流企業である。同族会社であるが、一族以外から社長が生まれ、世間からも注目されている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
    コメント(0)