☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年04月28日

『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社



昭和41年が初版である。写真は、新潮文庫から出版されたものである。サントリーの創始者鳥井信次郎伝である。現在、日本経済新聞に「琥珀の夢」が連載されている。執筆しているのは伊集院静である。鳥井信次郎の生涯を小説化している。
NHKの朝ドラで、竹鶴政孝を主人公にした番組「マッサン」で日本でのウイスキーの歴史に関心を持った。余市まで工場見学に行った。このドラマにも、鳥井信次郎が登場する。サントリーの山崎工場で実際にウイスキーを製造したのは、竹鶴政孝であったが、経営者は、鳥井信次郎である。学生時代、京都にいたので工場を見学したことがある。
ウイスキーは、本場スコットランド以外で製造するのは、至難とされた。事業としても経営が困難と考えられていた。彼の周囲の実業家や、会社の経営者からの反対もあったが、苦難を経てやり遂げることになる。夢を現実にしたのも凄いが、金儲けだけの実業家だけではなく、社会貢献もしている。サントリーは今日でも一流企業である。同族会社であるが、一族以外から社長が生まれ、世間からも注目されている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別)
『風蘭』 岡潔著 角川ソフィア文庫 821円
「私の履歴書」
バルテノン神殿と彫刻群
同じカテゴリー(書評)の記事
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店 (2017-05-19 12:02)
 『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店 (2017-05-11 16:44)
 『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫 (2017-05-06 10:22)
 『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み) (2017-05-03 16:44)
 『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別) (2017-04-26 12:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
    コメント(0)