☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年05月06日

『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫



開高健は、芥川賞作家、山口瞳は、直木賞作家である。この二人が、サントリーの宣伝部に籍を置いた時期があった。もともと、サントリーは、社名を寿屋といった時代から、広告には力を入れていた。
この二人が、創業者である鳥井信次郎を熱く語っている。二代目の社長佐治敬三もやり手経営者で、二人の作家の宣伝部での活動と重なっている。父親が成し遂げられなかった、ビールの開発、販売に成功している。
何といっても、日本にウイスキーが普及していく歴史を知ることができる。鳥井信次郎の執念も伝わってくるが、運もあった。大坂商人としての才覚もあったが、本のタイトルになっている「やってみなはれ」というチャレンジ精神がサントリーの今日を築いてきたと言える。最近は、ウイスキーが我が家の晩酌に加わることになった。先日友人が泊まっていったので大いにウイスキーを堪能した。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別)
『風蘭』 岡潔著 角川ソフィア文庫 821円
「私の履歴書」
バルテノン神殿と彫刻群
同じカテゴリー(書評)の記事
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店 (2017-05-19 12:02)
 『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店 (2017-05-11 16:44)
 『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み) (2017-05-03 16:44)
 『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社 (2017-04-28 11:51)
 『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別) (2017-04-26 12:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
    コメント(0)