☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年05月19日

『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店

第一巻 俳句とは何かを久しぶりに読んだ。全五巻あるが、蔵書はこの一巻だけである。山本健吉は、著名な文芸評論家であり、近代の俳句の評論の第一人者といっても良い。文芸評論家といえば、小林秀雄もいる。巷の読書好きでは、内容が難しく、読み進めるのに苦労する点では共通している。
山本健吉の本は、我が家に何冊かあるが、そのきっかけを作ったのは、数学者の岡潔の愛読書だったからだということである。正確に言えば、岡潔のご息女の本棚に、大事に保管されていたからである。本は、芭蕉に関する評論だったと思うが、書名は思い出せない。
山本健吉の本を通じて、芭蕉の世界を岡潔は調べたという方が正しいかもしれない。山本健吉は、自分では俳句を作らないが、俳句の鑑賞には、力量がある。
 戦後、桑原武夫の『第二芸術―現代俳句について―』によって、俳句は、その存在基盤を脅かされたことがあった。俳句が、文芸でもなく、ただの趣味、道楽であれば、日本文化の一つの分野を失うことになる。「俳句とは何か」を語り、その窮状を救った評論とも言える。蛇足だが、山本健吉、小林秀雄、岡潔は、共に文化勲章を受章している。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
同じカテゴリー(書評)の記事
 『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫 (2017-07-25 11:22)
 『菜根譚』 洪自誠著 (2017-07-08 10:13)
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店 (2017-05-11 16:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店
    コメント(0)