☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年05月19日

『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店

第一巻 俳句とは何かを久しぶりに読んだ。全五巻あるが、蔵書はこの一巻だけである。山本健吉は、著名な文芸評論家であり、近代の俳句の評論の第一人者といっても良い。文芸評論家といえば、小林秀雄もいる。巷の読書好きでは、内容が難しく、読み進めるのに苦労する点では共通している。
山本健吉の本は、我が家に何冊かあるが、そのきっかけを作ったのは、数学者の岡潔の愛読書だったからだということである。正確に言えば、岡潔のご息女の本棚に、大事に保管されていたからである。本は、芭蕉に関する評論だったと思うが、書名は思い出せない。
山本健吉の本を通じて、芭蕉の世界を岡潔は調べたという方が正しいかもしれない。山本健吉は、自分では俳句を作らないが、俳句の鑑賞には、力量がある。
 戦後、桑原武夫の『第二芸術―現代俳句について―』によって、俳句は、その存在基盤を脅かされたことがあった。俳句が、文芸でもなく、ただの趣味、道楽であれば、日本文化の一つの分野を失うことになる。「俳句とは何か」を語り、その窮状を救った評論とも言える。蛇足だが、山本健吉、小林秀雄、岡潔は、共に文化勲章を受章している。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店
    コメント(0)