☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年07月25日

『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫



日本と朝鮮半島の関係は、古来より密接な関係がある。日韓併合があって依頼、感情的にしっくり行かない関係になっている。仏教伝来も朝鮮半島経由だったし、古代の先進的技術は、半島から流れて来たと言って良い。
65歳になった節目に、九州旅行を思い立った。唐津から伊万里、有田、平戸を旅先に選んだ。佐世保、長崎は候補地からはずした。時間的余裕がないということもあるが、九州北岸の地に絞った。その中に、前から一度訪ねてみたかった、歴史的遺跡がある。豊臣秀吉が、朝鮮出兵の前線基地として築いた名護屋城跡である。
文禄・慶長の役というが、適当な文献がない。遠い過去の歴史を学術的に調べて見るつもりはない。書棚を眺めていたら、この本が眼に留まった。目次を見ると、文禄・慶長の役に触れている箇所がある。その中で、「降倭」という文字に関心が留まった。秀吉軍の中で降伏した兵士が、朝鮮に留まり朝鮮人として生きた。佐賀の焼き物のルーツは、朝鮮人の陶工だということもある。不幸な歴史から生まれた異国に生きた人たちに関心が向いた。司馬遼太郎の『街道を行く』シリーズは全巻読んだわけではないが、久しぶりに司馬節の文章に触れた。夏の旅の良い参考文献になりそうである。紀行文を書いてみたい。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社
『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社
『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)
『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫
『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)
『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社
同じカテゴリー(書評)の記事
 『戦う石橋湛山』半藤一利著 東洋経済新報社 (2017-08-10 11:34)
 『菜根譚』 洪自誠著 (2017-07-08 10:13)
 『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社 (2017-06-24 14:38)
 『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別) (2017-06-13 11:58)
 『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫 (2017-05-24 17:14)
 『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店 (2017-05-19 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『韓のくに紀行』 司馬遼太郎著 朝日文芸文庫
    コメント(0)