☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年07月29日

一期一会(?)のゴルフ

ゴルフと言うスポーツは、イギリスで生まれた。会員制で特定の人としかプレーができない。今もメンバー、ビジターと受付で区分されている。通常4人でのプレーになるが、料金は、割り増しになるが、2人でも可能である。さすがに、一人では予約ができない。そう思っていたら、インターネット予約だが、「1人予約」というのがある。但し、「2人予約」にならないと成立しない。
この場合、相手は未知の人である。ゴルフの習慣からすれば、違和感があるのだが、人との出会いは、何かのきっかけである。ご縁ということで、その後のお付き合いができることもあるかもしれないが、同じ趣味のゴルフを楽しみましょうということである。
とは言え、緊張感もあったのか、クラブ1本の忘れ物をした。次のゴルフの時に気付き、ゴルフ場に連絡したら保管してもらえていた。忘れられないゴルフ体験になった。こうした一期一会のようなゴルフも慣れれば気にならなくなるだろう。平日にプレーができる、リタイヤした、高齢者にとっては、ラッキーな制度かもしれない。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)
 俳句自解(月) (2019-02-12 12:56)
 堺屋太一さん逝去 (2019-02-11 12:46)
 「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社 (2019-02-06 14:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一期一会(?)のゴルフ
    コメント(0)