☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年09月30日

『清沢洌』 北岡伸一著 中公新書

清沢洌の名前と人物像を知ったのは、臼井吉見の小説『安曇野』を読んだからである。言論人であり戦前には珍しく自由主義者であり、親米の日米開戦に反対した人物だという認識があったが、詳しくは知らないでいた。石橋湛山に興味があり、清沢洌が再度関心の的になった。単身渡米し、言論人になったことは驚きである。留学したというよりは、アメリカで働きながら、批評家の道を切り開いたのである。執筆に才があったのである。大蔵大臣や総理大臣になった高橋是清と重なってくる。
終戦の年に55歳で亡くなっているが『暗黒日記』という著述を残している。この本は、前座のようなもので『暗黒日記』は、是非読んでみたい。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『清沢洌』 北岡伸一著 中公新書
    コメント(0)