☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年10月17日

大河ドラマ『翔ぶが如く』

原作は、司馬遼太郎。NHKの大河ドラマで放送されて久しい。番組全てがDVDに収録されているので見ることにした。さすがに、全巻はきついので、維新前は一部省いて鑑賞。鳥羽伏見の戦いからは、通しで見た。
10月18日に、鹿児島の友人が東京に出てくると言うので、少し鹿児島の歴史を調べてみようと言う気になった。しかも、来年は、西郷隆盛が主人公になって、大河ドラマが放送されることになっている。「西郷(せご)どん」を理解するのに、このドラマは適任だと思う。鹿児島弁で字幕説明まである。役者も良い。
この時代、日本の激動期だっただけに、政治家は命がけである。鹿児島の二人の巨人、西郷と大久保は共に非業の死を遂げるが、私欲がない。西郷に至っては、入水自殺失敗後、島流しになったりして、生命の危機があった。彼を生かしたのが「敬天愛人」という言葉である。こんな、人生まれである。「天に生かされる」凄すぎる。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大河ドラマ『翔ぶが如く』
    コメント(0)