☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年10月28日

『一葉舟』岡潔著 角川ソフィア文庫

「閑雲野鶴空濶く 風に嘯く身はひとり
月を湖上に砕きては ゆくへ波間の舟ひと葉
ゆふべ暮鐘に誘はれて 問ふは山寺の松の風」
土井晩翠の『天地有情』の「星落秋風五丈原」の一節である。舟ひと葉を引用して『一葉舟』として本のタイトルにした。その気分は、いかに。
一方、旧約聖書の「創世記」にノアの方舟の話が出てくる。このイメージの違いはなんであろうかと考えてしまった。



同じカテゴリー(書評)の記事画像
「子規句集」より(氷)
「子規句集」より(大三十日)
「子規句集」より(紫苑)
「子規句集」より(蘆)
「子規句集」より(鹿)
「子規句集」より(秋高し)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「子規句集」より(氷) (2019-12-05 11:07)
 「子規句集」より(大三十日) (2019-12-04 07:25)
 「子規句集」より(掛稲) (2019-12-03 09:37)
 「子規句集」より(紫苑) (2019-12-02 09:23)
 「子規句集」より(蘆) (2019-12-01 10:30)
 「子規句集」より(落葉) (2019-11-30 09:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『一葉舟』岡潔著 角川ソフィア文庫
    コメント(0)