☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年11月21日

『宮沢賢治』 佐藤隆房著 富山房

宮沢賢治の伝記だが、初版は昭和17年である。宮沢賢治が亡くなったのは、昭和8年なので、草野心平らの評価、尽力により世に知られるようになった頃なので、この本が元になり、後の宮沢賢治の人物像が固定し、また賢治論が深まれていったと思われる。37歳という短い人生であったが、深さがあり、4次元的という広がりがある。
40年近い宮仕え(老人福祉)を終え、農民になる時、宮沢賢治に学ぶことが多いに違いない。農学の基礎はないが、大地の恵みに感謝できる感性は、兼業であったために継続して残っていると思う。童話は書きたいが、紀行を基軸としたエッセイは、かけるかもしれない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「子規句集」より(氷)
「子規句集」より(大三十日)
「子規句集」より(紫苑)
「子規句集」より(蘆)
「子規句集」より(鹿)
「子規句集」より(秋高し)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「子規句集」より(氷) (2019-12-05 11:07)
 「子規句集」より(大三十日) (2019-12-04 07:25)
 「子規句集」より(掛稲) (2019-12-03 09:37)
 「子規句集」より(紫苑) (2019-12-02 09:23)
 「子規句集」より(蘆) (2019-12-01 10:30)
 「子規句集」より(落葉) (2019-11-30 09:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『宮沢賢治』 佐藤隆房著 富山房
    コメント(0)